禁煙.com

禁煙の方法や最新ニュースを毎日更新しています。

禁煙が加速する?JTが「わかば」など一部銘柄を値上げ

   

JTがタバコの値上げを検討しているというニュースが報道されました。

  • 日本たばこ産業(JT)は19日、紙巻きたばこの「エコー」や「わかば」など「旧3級品」と呼ばれる国産6銘柄を値上げする方向で検討に入った。旧3級品に設けられているたばこ税の軽減措置が、来年4月から段階的に縮小・廃止されるためだ。増税分がそのまま価格に転嫁されると、来年4月からの3年で最大1箱当たり130円程度の引き上げになる可能性もある。

    値上げを検討する6銘柄は、「エコー」と「わかば」のほか、「ゴールデンバット」「しんせい」「ウルマ」「バイオレット」。旧3級品のたばこ税は、一般品の「メビウス」の1箱当たり244.88円に対し、116.24円と半分程度に抑えられている。このため、価格は安く、メビウスの430円に対し、代表的な銘柄のエコーで250円、わかばで260円などとなっている。

  • 出典:JT「わかば」など国産6銘柄値上げへ 最大1箱当たり130円程度か

前回は2010年10月にタバコの大きな値上げが行われました。この時は、値上げ前のまとめ買いで、コンビニの収益が10%以上も上がるという、ちょっとしたフィーバーみたいな状況になりました。

しかし、その時に値上げされなかった商品がありました。いわゆる旧3級品という商品です。実は軽減措置で税率を据え置かれていたようです。その軽減措置が終わり、来年の4月から段階的に引き上げられるそうです。税率が上がると、JTの利益が減るので、その分を値上げするというニュースです。

ところで旧3級品とはどのようなタバコなのでしょう?
一般のタバコは「葉」の部分しか使いませんが、旧3級品は「葉」と合わせて「茎」の部分も含まれています。味、品質は劣りますが、茎の分量を水増しすることによって、安く提供しようという製品です。旧3級品はタール・ニコチンの量も多く、いわゆる「重い」タバコです。

「エコー」「わかば」「ゴールデンバッド」など渋い銘柄ですね。ちなみに「ウルマ」と「バイオレット」ってご存じですか?もしかしたらあまりなじみがないかもしれません。実はこの2つは沖縄地区限定の銘柄なんです。

値上げはスモーカーにとってはキツイですね。しかし、これを逆手に取って、この機会に禁煙するという方法もあります。タバコ代を貯金するという禁煙方法があります。タバコ代を貯金しておいて、例えば6ヶ月間成功したらそのお金は自由に使えるという方法です。

禁煙はつらいですが、この機会に取り組んで見るのも一つの方法だと思います。いかがでしょうか。

禁煙できない、したくない方は要チェック

今、大注目の電子タバコの人気ランキング

たばこ本来の味わいを思う存分楽しみながら、煙やニオイといった周りの人が感じる不快な思いを減らしたい。 「電子タバコ」は、そんな要望を叶える全く新しいたばこの楽しみ方です。 禁煙できない、したくないという方、商品レビューは必見です。

 - ニュース&コラム