禁煙.com

禁煙の方法や最新ニュースを毎日更新しています。

【アンケート結果】同居家族の8割が禁煙を希望

   

タバコは自分だけの問題ではないというのがよくわかるアンケート結果が発表されました。

第一生命のグループ企業である「ネオファースト生命」がタバコについてのアンケートを実施しました。その中に「喫煙習慣がある同居家族に対する禁煙希望」という質問がありました。簡単に言うと、「タバコをすっている人の家族がその人にタバコをやめて欲しいと思っているか」という質問です。

結果は、配偶者で87%、子供85%が「禁煙して欲しいと思っている」でした。つまり一緒に住んでいる家族の9割近い人が、禁煙して欲しいと思っているということです。

実際、喫煙は本人だけの問題ではありません。以前に両親の禁煙は子どもがぜんそくになるのを防ぐ効果があるという記事を書いたのですが、家族が喫煙をしているとぜんそくにかかりやすいという調査結果があります。またアメリカの調査ではタバコを吸う両親の子どもは吸わない子どもに比べて知能が低いという結果も出ています。

ベランダや換気扇の下で吸っているから大丈夫という人もいるかと思いますが、それだけでは受動喫煙は防げないことがわかっています。例えば、タバコを吸った後、肺の中には煙が残っていて、8回呼吸したあとでもまだ消えないそうです。家族に影響を与えないようにするにはかなり気を遣う必要があります。

タバコを吸うことは本人にはメリットがありますが、家族にとってはメリットはまったくありません。タバコを吸う吸わないは自分の問題だけではありません。この調査結果を踏まえて、一度ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

【参考リンク】
ネオファースト生命が「喫煙に関する調査」を実施

禁煙できない、したくない方は要チェック

今、大注目の電子タバコの人気ランキング

たばこ本来の味わいを思う存分楽しみながら、煙やニオイといった周りの人が感じる不快な思いを減らしたい。 「電子タバコ」は、そんな要望を叶える全く新しいたばこの楽しみ方です。 禁煙できない、したくないという方、商品レビューは必見です。

 - ニュース&コラム