禁煙.com

禁煙の方法や最新ニュースを毎日更新しています。

喫煙と白髪の関係

      2017/11/15

喫煙は身体の様々な場所に影響を与えますが、どうやら頭髪にも影響があるようです。

タバコを吸うと白髪になりやすい?

全米バイオテクノロジー情報センターのウェブサイトにある、Indian Dermatology Online Journalの論文によると、特に若い世代について、喫煙と白髪の相関があることが調査によってわかったそうです。

  • Of the 207 subjects, 104 (50.2%) had first appearance of gray hair before the age of 30 (PHG group) while the other 103 (49.8%) were considered normal hair graying group. The prevalence of smokers in the “PHG” group was higher (40.2% vs. 24.7%, P = 0.031). Smokers had earlier onset of hair graying (smokers: 31 (7.4) vs. nonsmokers: 34 (8.6), P = 0.034). Using multiple logistic regression with conditional likelihood, smokers were two and half times (95% CI: 1.5-4.6) more prone to develop PHG.

  • 出典:Smokers’ hair: Does smoking cause premature hair graying?

PHGとは「Premature Hair Graying」の略で日本語で言うと「若白髪」となります。この論文によると、タバコを吸う人は約2.5倍、若白髪になりやすいという結果になりました。

白髪になる原因は、遺伝や加齢が主な要素ですが、その他にストレスがその要因になっているとも言われています。その理由は主に2つあります。

  • 一つは血行が悪くなることです。ストレスがかかると、交感神経が優位になり、毛細血管の血流が悪くなります。これによって毛根に十分な酸素や栄養分を供給できなくなり白髪の原因になると考えられています。
    実は毛根は人体において、血液を作る造血幹細胞に次いで活発に活動している細胞と言われています。確かに髪の毛はどんどん伸びているので活発というのはわかりやすいですよね。活発に活動するにはその分エネルギーが必要ですから、酸素や栄養分などのエネルギー供給が滞れば、影響が出てしまうのは納得して頂けるでしょう。もう一つは、活性酸素の影響です。ストレスを受けるとホルモンの働きなどによって活性酸素が増えます。アメリカの研究では、活性酸素がメラノサイトがメラニン色素を作る際に必要な酵素(チロシナーゼ)の形成を破壊することがわかっています。これによって白髪になってしまうと考えられています。

  • 出典:白髪染め選び、白髪対策の総合ガイド。人気商品ランキング、口コミも掲載!

注目したいのは毛細血管の血流が悪くなるという点です。タバコを吸うとニコチンの作用によって血管が収縮して血流が悪くなります。これは、ストレスがかかった状態と同じであると言えます。そう考えると、喫煙と白髪には関係があると考えられます。

白髪が生える理由は、年齢を重ねると「加齢」が1番の理由になりますが、若白髪の場合は喫煙がその理由の1つであると言えそうです。もし、30歳前の喫煙者の方で、白髪が多いという方は、タバコが白髪の原因かもしれません。それが全てではないと思いますが、白髪が気になる場合はタバコをやめてみると変化があるかもしれません(禁煙のストレスで白髪が増えないように気をつけてください)。

禁煙できない、したくない方は要チェック

今、大注目の電子タバコの人気ランキング

たばこ本来の味わいを思う存分楽しみながら、煙やニオイといった周りの人が感じる不快な思いを減らしたい。 「電子タバコ」は、そんな要望を叶える全く新しいたばこの楽しみ方です。 禁煙できない、したくないという方、商品レビューは必見です。

 - ニュース&コラム